クレジットカードのショッピング枠はおまとめローンで一本化できる?

消費者金融のおまとめローンは複数の金融会社から融資を受けている人が、低利の融資を受けることで借金を一本化するサービスです。
10万円~30万円程度の少額融資では借入金利が高くなりますが、みずほ銀行おまとめローンなどで100万円を超えるような融資であれば低金利で融資を受けることができます。そのため、少額で高利の借金を返済し続けるよりも、おまとめローンを利用して低利で一本化した方が金利を低く抑えることができます。おまとめローンは消費者金融のキャッシングサービスや、クレジットカードのキャッシング枠で利用することができます。
キャッシングではなく、クレジットカードで買い物をした際のリボ払いで高利の返済に苦しんでいる人もいます。クレジットカードのショッピング枠でもおまとめローンが利用できれば、利息を抑えることができるはずです。ところが法律上は、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠、ノンバンク系金融会社のおまとめローンは貸金業法が適用されます。これに対して買い物の際の分割払いは割賦販売法という法律が適用されます。買い物の分割払いは貸金業法が適用されないので、消費者金融のおまとめローンに含める事ができないのです。
但し、ショッピング枠もおまとめローンに含めることができる方法があります。貸金業法による規制を受けない銀行のおまとめローンを利用すれば、買い物をした際のリボ払いも一本化できます。銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づいて融資を行うため、ショッピング枠のリボ払い分も含めて融資を行うことができるからです。